音声教材普及推進会議@関東地区/東北地区に参加しました

AccessReadingブログをご覧の皆様、こんにちは!

広報担当の綱川です。

夏の暑さが戻ってきたような気温になったり、はたまた激しい夕立が続いたりと不思議な天気が続いております。

気温差、気圧差もありますので皆様も体調にはお気をつけください。

さて、音声教材普及推進会議に参加し、発表をしてまいりましたのでそのご報告をさせていただきます。

音声教材普及促進会議とは?

音声教材普及推進会議とは、文部科学省主催の、音声教材普及のための会議となります。

各種音声教材を提供している4団体が、各団体の提供している音声教材の説明や、実際の活用事例を紹介するという内容になっています。実際に各団体の提供している音声教材にふれることのできる時間もあります。

各地域の教育委員会や学校の担当者、そして保護者の方々が参加しています。

今回は、

9月12日に行われました関東地区@東京会場 と

9月18日に行われました東北北海道地区@青森会場のご報告をさせていただきます。

AccessReadingからの発表

AccessReadingからは、AccessReadingの概要説明をし、その後、AccessReadingの代表でもある近藤武夫から、””学校現場におけるアセスメントとICT利用による読み書き支援””という題で、読み書き支援におけるアセスメントの重要性についてをお話させていただきました。

その後、各地区で、AccessReadingを活用いただいている先生方から実際の活用事例のお話をいただきました。

活用事例の内容は今後HPやこのブログで発信していきます。

関東地区では約150名、東北北海道地区では約50名ほどの参加者がいらっしゃいました。

AccessReadingの提供している音声教材でなく、各地でそれぞれの児童・生徒に合った音声教材の活用が進んでいけばいいなと思っております。

今後、音声教材普及推進会議は以下の日程で開催されます。

日付 地区 会場
平成30年9月25日(火) 近畿・中国地区 新大阪丸ビル別館2階
平成30年10月5日(金) 北陸・東北地区 三重北勢地域地場産業振興センターじばさん三重
平成30年10月12日(金) 九州・四国・沖縄地区 かごしま県民交流センター東棟 3 階

 

詳細については文部科学省のこちらのHPを御覧ください。

ご希望があれば、参加していただくことができますので、AccessReading事務局(info@accessreading.org)にご連絡ください。

では、今後共AccessReadingをよろしくお願いいたします。

9月 22nd, 2018 by